ドッグフードパテで学べ

ドッグフードの分量は様子を見ながら調整

販売されているドッグフードには大抵分量が記載されています。しかし、必ずしもその通りに与えなくてはならないということではありません。一定の目安と考えて、飼い犬の状況を見ながら調整していきましょう。フードを食べていないようでも、おやつなどで栄養が満たされていることも多いのです。食の細い子は無理に食べさせるのではなく、食べきれる分量を見極めて与えるようにしてあげましょう。逆に肥満気味の子には野菜などのヘルシーなものと混ぜて、カロリーを落としていくという配慮が必要であったりします。いずれにしても、その犬の状況に合わせて分量を調整していく必要があるので、普段の状況や食べ方をよく見ていてあげるようにしましょう。不安があれば動物病院などで相談するとよいです。あまりにも食べ方が少ないようなときは、フードを変えることで改善する場合もあるので、別のフードも試してみるとよいでしょう。こうしたここに合わせた対応が、犬の健康を守ることにつながります。

種類によって与える分量が異なるドッグフード

犬を飼育している人では市販のドッグフードを購入してペットに餌として与えている人も多くいます。その時に重要なのが一日に与える分量を正確にはかり、与えるとうことです。餌のパッケージの裏には体重に合わせた一日に与える分量が記載されています。その分量は体重維持をするための量となっているため太り気味の場合はその量よりも少し減らして与えることが理想です。適正体重の場合はその量を守る限り体重の激しい増減はありません。犬は種類によって太りやす犬種があるため体重が増えすぎないように餌の量は気をつける必要があります。肥満になってしまった場合は様々な病気をもたらす可能性をあげてしまいます。健康を守るために重要なのが一日に与えるドッグフードの量です。逆に痩せ気味の場合は定められている量よりも少し多めにあげることが理想です。また含まれている成分により一日に与える量は異なり、必要な成分が凝縮されているフードの場合は一日に与える量が少量でも必要な栄養分をまかなえるようになっています。

Valuable information

2017/10/13 更新