ドッグフードパテで学べ

無添加のドッグフードを選ぶ重要性

犬を飼育している人の多くが購入しているのが市販のドッグフードです。このフード選びとして重要なことは酸化防止剤などが添加されていない無添加のフードを選ぶということです。長期間保存がきくようにと酸化防止剤や保存料が添加されている場合が多く、そのようなフードを与え続けている場合健康に被害が出てしまう可能性があります。ほとんどが健康に害が出ないほどの微量ではあるものの、毎日繰り返して摂取することは体にはよくなく悪影響を与えてしまうことは明確です。したがってパッケージの裏をよく確認し、酸化防止剤や保存料が入っていなことを確認してから購入することが重要です。犬が本来必要としている成分だけ含まれている高級フードでは無添加で作られていることが多いです。しかしその場合は長期保存ができないため、小分けにしてあるフードを選ぶことが大切です。そうすることでいつでも新鮮で安全なフードをペットに与えることができます。フードは直接口にし、体を構成するものとなるので人の食べ物と同様に慎重に選ぶことが重要です。

無添加のドッグフードなら安心

いま、人間の食べ物や、化粧品などでも無添加というものにとても注目が集まっています。添加物が入っている事でのメリットというものももちろんあるのですが、それだけではなくデメリットというのもでてきてしまうのです。身体の中に入るものや、触れるものに関しては、できるだけそういった添加物が入っていないほうが良いのです。アレルギーを持っている方が増えているという背景にも、この添加物というものが影響していることも多々あります。それは人間だけではなく、犬の世界でもあり得る事なのです。昔よりも、ドッグフードだけで食事を与えているということが増えていますが、そこでも添加物が入っているものを与えていますと、どうしてもデメリットというものが出てきてしまいますので、できるだけ無添加のものをあげたいという飼い主さんは増えています。それは、人間と同じで犬でも添加物が入っていないほうが良いということがあるからです。病気をしにくくなるためにも無添加のドッグフードがおすすめです。

recommend

最終更新日:2017/11/10