ドッグフードパテで学べ

ドッグフードでアレルギーにならないためには?

今様々なドッグフードが販売されていますが、アレルギーをもった犬を飼育している場合はドッグフードに含まれている成分によく気をつける必要があります。アレルギー源となる物質が使われているフードを食べてしまった場合、ショック症状を起こしてしまう犬もいます。パッケージの後ろにはどのような成分が含まれているか確認をしてから購入することが重要です。またそのような犬用のフードも販売されており、アレルゲンフリーのフードを選択するのも一つの方法です。またフードの種類を一種類にするのではなく、数種類のフードを混ぜて食べさせたり定期的に種類を変える方法もアレルゲンをもたせない方法として取られています。また事前に反応してしまうアレルゲン物質を調べることもできるため、心配な場合は動物病院で検査を受けることができます。皮膚が荒れてしまった、毛がどんどん抜け落ちてしまうといった症状が見られた場合は食べ物アレルギーを疑う必要があります。

アレルギー体質を改善するドッグフード

犬も、人間と同じようにアレルギーをもっている場合もあります。原因は、食べ物であったり、ハウスダストであったり、ノミであったりと様々です。これらのアレルギーを克服するための一番の近道は、免疫力を高めることです。犬は、本来は肉食動物で、肉をメインにした食事が好ましいとされています。しかし、市販されているドッグフードの主要な原料は、小麦粉や穀類で占められていることがほとんどです。そのため、消化不良を起こし、免疫力を下げている可能性もあります。ドッグフードを選ぶ時は、原料の一番最初に肉が明記されており、含まれている穀類が3種類以下の物にするのが賢明です。また、肉ベースよりも、魚ベースのドッグフードのほうが、アレルギー体質の犬により有効であるとされています。魚に含まれているオメガ3必須脂肪酸が、脂質のバランスを調整して皮膚の炎症を抑える働きをします。犬の健康状態を確認しながら、それぞれの犬に合ったフードを選ぶのが良いでしょう。

check

リースバックを知る
https://www.ams-tokyo.co.jp/leaseback/

2017/3/2 更新